maechuuのノートですね。写真ちょっと痛いですね。

(元記事: misswallflower (classics2から))

995 リアクション

38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/09 20:22:42 ID:CyWpgPp70
脳は主語を理解できないから、他人を叩いてるときは自分も叩いてるように感じるらしい
当然、ストレスがたまる

39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/09 20:23:19 ID:BydXTMge0
»38
これマジ?

43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/09 20:25:10 ID:CyWpgPp70
»39
マジマジ
だから、逆に他人を褒めていけばいいよ
カーネギーの「人を動かす」とか読んでみるのもいい

47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/09 20:26:44 ID:BydXTMge0
»43
今ぐぐってみたけどマジだったわ
これみると納得できる、自分でストレス貯めてんだな

【驚愕】2chで人を叩きまくった結果、自分がwwwwwwwwwww - わちゃちゃDX (via ohigara)

脳が理解できないってじゃあどこで考えてんの

(via pipco)

(plasticdreamsから)

1,939 リアクション

tatsukii:

大ハプニングのNSXツーリング|NA1保存会 |ブログ|imai66|みんカラ - 車・自動車SNS(ブログ・パーツ・整備・燃費)

"恐らく、先ほどの検問で連絡を受けた高速隊が、何とNSXのパトカーを投入して、我々をパトロールしに来たのでしょう。。"

NSXのユーザミーティングに対する粋な対応。

tatsukii:

大ハプニングのNSXツーリング|NA1保存会 |ブログ|imai66|みんカラ - 車・自動車SNS(ブログ・パーツ・整備・燃費)

"恐らく、先ほどの検問で連絡を受けた高速隊が、何とNSXのパトカーを投入して、我々をパトロールしに来たのでしょう。。"

NSXのユーザミーティングに対する粋な対応。

(plasticdreamsから)

159 リアクション

darylfranz:

本物にしか見えない…鉛筆で書かれたメガネが立体的すぎる!( ゚д゚) - ぁゃιぃ(*゚ー゚)NEWS 2nd

darylfranz:

本物にしか見えない…鉛筆で書かれたメガネが立体的すぎる!( ゚д゚) - ぁゃιぃ(*゚ー゚)NEWS 2nd

(kotoripiyopiyoから)

464 リアクション

網元HMV(AWS EC2 t2.micro + WordPress)の個人ブログ向けエコな運用とお値段 | Gatespace's Blog

(plasticdreamsから)

4 リアクション

■金森敦子(ノンフィクション作家)

 江戸後期から増えてくる東北の農村地帯の人たちが書いた旅日記を読むと、「私が習った江戸時代の歴史、江戸時代のイメージっていったい何だったんだろう」と驚くことが多いのです。

 そのなかで一番驚いたのは、関所抜けです。関所抜けと言うと言葉は柔らかいのですが、つまり関所破りのことで、幕府の掟では磔の刑に処せられることになっていました。一番重い刑ですね。それを、江戸時代の庶民たちは実に易々と破りながら長い旅をしているんです。

〈中略〉庶民の女性は関所手形を持たないで長旅をするのが常識だったようなんです。

 越後と信州の間に北国街道が通っています。越後の一番はずれに関川という宿場があり、ここは高田藩が徳川幕府から預かっていた関川の関所があります。この街道は善光寺参りに利用されていたため、女性の往来が非常に多かった。それで、女性連れが関川の宿に着くと、真っ昼間から旅籠の宿引きが袖を引く。「お客さん、当店にお泊まりになると関所を通らない道をご案内しますので、是非うちにお泊まり下さい」と。

〈中略〉それでどこを通るのかといえば、関川の関所を通るんです(笑)。関所には鍵のかかった頑丈な木戸がありますから通れません。ところが、端のほうに小さなくぐり戸があり、そこを堂々と抜けていくんです。それが毎夜、毎夜繰り返されている。

 ある人の旅日記によると、そのくぐり戸の下の地面が窪んでいたそうです。どれだけ大勢の人がそこを通ったことか。関所の関守は関所の内部かすぐ近くに住んでいましたから、毎夜、毎夜繰り返される関所破りを知らないはずはないんです。それなのに捕まえたという記録がありません。

 全国五十三カ所の関所でも、似たようなことが繰り返されていたようです。それでも庶民が関所を破って磔になったという例は数例しかないそうです。なんでこんなことになったのか。要するに、捕まえると幕府から「お前の関所の警備はなっておらんじゃないか」と怒られるからです。

〈中略〉また、旅日記を読んでいて感動したことがあります。それは、小さな男の子たちだけで奥州から伊勢まで旅する例が、とても多いことです。錦絵や各種の名所図会などに少年たちだけの絵が出てきますし、『東海道中膝栗毛』にも戸塚のちょっと手前で、弥次さんが奥州から出てきた少年たちをからかっているつもりが、逆にからかわれて餅をせしめられる場面があります。子供たちだけで二カ月も三カ月も旅行をしても、誰も「危ないから家に帰れ」とは言わない。みんなが少年たちの旅をまっとうさせてやろうとすごく援助しているんです。

 大人の旅でも無一文で旅に出る人がたくさんいました。それでもちゃんと帰ってこられるというのは、それだけ沿道の人たちの喜捨が多かったということです。自分よりも貧しい人には、お金なり、食べ物なりを施すというのが当たり前だった世界、それが江戸時代なんです。

ぼやきくっくり | 江戸時代を見直そう (via taisukeorg)

(quote-over100notes-jpから)

833 リアクション

delicious-food-porn:

Cuban Bread French Toast

delicious-food-porn:

Cuban Bread French Toast

(m0gyanから)

585 リアクション

saitamanodoruji:

これ人間業じゃないだろ・・・って作品の画像をあげてくスレ :  ワラノート

saitamanodoruji:

これ人間業じゃないだろ・・・って作品の画像をあげてくスレ :  ワラノート

(hangx360xから)

484 リアクション

scandinaviancollectors:

Poul Kjærholm, PK20 lounge chair, cirka 1967. Leather and matt chrome-plated steel. Manufactured by E. Kold Christensen, Denmark. / Phillips

scandinaviancollectors:

Poul Kjærholm, PK20 lounge chair, cirka 1967. Leather and matt chrome-plated steel. Manufactured by E. Kold Christensen, Denmark. / Phillips

(airowsから)

882 リアクション

自分はどのくらいの能力があり、どのくらいのことをすべき器であるかということを見極めようとしないで、つまり、自分のことが自分でわからないのに、勝手に自分はダメだと見切り、安全な道をとってしまう。

自分の中に毒を持て / 岡本 太郎 (via ebook-q)

(quote-over100notes-jpから)

872 リアクション